万年筆には、1千円から1万円以内で購入できる定番商品から、10万円以上、場合によっては100万円単位と非常に高価で希少価値の高い万年筆が存在します。

この記事ではそんな豪華絢爛な万年筆と、定番で簡素、スタンダードともいえる万年筆のそれぞれの特徴と魅力をまとめてみたいと思います。

一般的な定番万年筆って?

まず、定番と呼ばれるスタンダードな万年筆をおさらいしておきましょう。一般的に定番と呼ばれる万年筆は、たいていは総レジン製の外装に包まれ、吸入式の金のペン先を持つ万年筆です。書き心地はやわらかく快適で、負担なく書けるのが魅力です。

価格は1万円から3万円程度と文房具としては少々お高めですが、革靴や革のバッグと同じくらいの値段に設定されています。インクもカートリッジとコンバータ、吸入式と選ぶことができ、ペン先の種類が最も充実しているのも定番万年筆の特徴です。

豪華絢爛プレミアムな万年筆、頂上決戦

さて、定番がわかったところでプレミアムの特徴をみてみましょう。

一口に豪華絢爛、プレミアムな万年筆、といいますが、その種類はおおよそ2種類に分かれます。第一に世界に限定○本しかないという「数の少なさ」からくるプレミア。第二に非常にクオリティが高く装飾過多ともいえる「職人沢の付加価値」からくるプレミアです。

隔年でブランドから発表されるプレミア商品は、有名デザイナーによるスタイリッシュなデザインで、限定数千本といった単位で販売されます。宝石や貴金石で彩られた豪華な装飾は、見るだけでもほれぼれしてしまいます。

そのデザインの美しさや質感は目を見張るものがあり、たとえば、蒔絵や彫刻はすべて職人の手作業で制作されます。クオリティや出来に多少ムラがある可能性もありますが、その完成度はすばらしいの一言です。おもわず欲しくなってしまうのが人の性というものでしょう。

しかし、欲しくなっても相手は有名ブランドの最高級品です。一本100万の万年筆はそうお手ごろに買えるわけはありませんよね。いわゆる洋服のハイブランドのスーツやドレスのような商品といえます。

デメリットとしては、このような書き心地は二の次でありジュエリー、もしくはコレクション的要素が強い点です。持った人の所持欲は満たすかもしれませんが、一本100万円もする万年筆で日々の筆記をする人ははたして何人いるでしょうか。

そもそも、蒔絵やジュエリーがふんだんにあしらわれたペンは、レジンのものより相当重くなります。ペン先も必ずしも金とは限らず、スチールのものが使用されているように、実際にインクを入れて使用することはあまり想定されていないのが現実です。

見た目の美しさ、置いただけでも光る高級感は他の追随を許さない豪華万年筆ですが、一般人にはなかなか手の出しにくい代物であるのは間違いありません。とはいえ、ブランドに弱いのも人間というもの。あなたも一本くらいなら…なんて買ってしまうかも!?