よし、万年筆を買うぞ!そう意気込んでいざ店へ…ちょっと待ってください!そのお店の値段で、あなたは満足できますか?万年筆のお店にも安いお店と高いお店とあるんです。

この記事では自分の満足のいく万年筆を選ぶために選ぶべき万年筆の購入先について考えてみたいと思います。

万年筆の購入先いろいろ

あなたが万年筆を買おう、そう思った時に想像するのはどんなお店でしょう。近所の文房具やでしょうか、万年筆専門店でしょうか、それともネット通販でしょうか。

ぱっと思いつく限りでも、万年筆の取扱いのある店舗はメーカーの営業所、文房具店、百貨店、万年筆専門店、ホームセンター、家電量販店、ネット通販(アマゾンや楽天のほか、専門店も)と7つもあります。

以下の表に、特徴別に分類してみました。

店舗 値段 特徴
メーカーの営業所 正規 該当のメーカーに限られるものの純正品の在庫が豊富。昔のものでも在庫があれば取り寄せてくれる。安心安全ではあるが値段は高い。
文房具店 ほぼ正規に準拠 対人で販売してもらえるのが利点。メーカーにとらわれず試筆ができるが店によって取扱いにムラがあったり、プレミアのつくような商品は取り扱っていない場合が多い。
百貨店 正規 文房具店と同様の利点に加え、高価なものを取り扱っている場合が多い。店員のレベルも比較的高い場合が多く、ラグジュアリーな気分を味わいながら購入できる。
万年筆専門店 ほぼ正規に準拠 万年筆に非常に詳しい店員に相談できるのが利点。店によって特徴は激しく異なるため、事前にどのようなタイプの店か下調べしてから行くと良い。
ホームセンター・画材店 割引 対人の相談が難しい場合もあるが、割り引かれた値段で購入できるのが利点。目当てのものを自分で選べる自信があれば、品揃えも意外と豊富なためお得感がある。
家電量販店 割引 ネットの最安値の値段でかつ試筆も出来て購入できる場合があり、意外と穴場。高価なものでもあまり高級感がしないのが難点かもしれない。
ネット通販 割引 必ずしも最安値ではないが比較的安値で購入できる。名入れやインクボトルプレゼントなどもある。他方、商品が届くまで実物を確認できないのは個体差が大きい万年筆にとって大きな欠点。取り換えサービスを行っている店もある。

安いのはネット…とみせかけてそうでもないらしい!

最もお手頃価格なのはネット通販ですが、メーカーの小売希望価格のお店もあれば、最安値で売っているお店もあります。

特に気をつけなければいけないのが、あまりにも安い場合です。万単位で異常に安い場合、それは最安値ではなくて詐欺サイトかもしれません。

注文して入金もしたのに商品が届かない!または偽物だった!なんてことも。店舗であっても安いものは偽物の可能性がありますので、購入しようとする際はくれぐれもご注意ください。