万年筆の楽しみの醍醐味は見た目を楽しむことも含まれています。特にインクの動きなどゆらゆら見ていて楽しいのでインクタンクがのぞけるデザインのものは人気が高いです。

そのなかでも人気が高いのが、スケルトン万年筆です!スケルトン、つまりすべてがスケスケで全部見えてしまう!そんなスケルトン万年筆の楽しみ方をご紹介します。

スケルトンの醍醐味って?

スケルトン万年筆とは、ペン軸がすべて透明になっていて、中の構造がすべて見える構造になっているのが特徴です。インクの減りも直接目で確認することができ、見た目もおしゃれなので近年では非常に人気が高く、限定品はすぐ売り切れになってしまうほどです。

気になるお値段も廉価なものが増えてきており、なかには4~5000円で購入できるものもあります。一方で一万円を超える本格的な金ペンのものもあり、人気急増にあたってラインナップもどんどん増えてきています。

人気のワケは、そのスタイリッシュな見た目とインクの減りが確認しやすいことだけではありません。 内部の汚れがはっきり見えるので、お手入れも簡単なんです。

一般的な万年筆はトラブルがあっても、汚れがあったとしても、目で直接見ることができないので手探りでお手入れするしかありません。しかし、スケルトンインクであればはっきりと目視で確認してお手入れができるので、無駄な手間が省けるのも魅力のひとつです。

スケルトン万年筆を使うなら、インクで遊ぶべし!

スケルトン万年筆の一番の楽しみは、なんといってもインクが見えることです。なのでぜひビビッドカラーなど遠目にも映えるカラフルなインクを入れて楽しみたいですよね!

スケルトン万年筆には、ぜひ定番のブルーブラックやブラックといたインクではなく、赤、黄、緑、紫などカラフルなインクを入れてあげましょう!個人的にインクで遊ぶにはスケルトンが一番向いているように思われます。

なかでも最近わたしが注目しているのが、蛍光色のインクです。極太の万年筆を英語でハイライター、つまり蛍光マーカーのように使用できるようにしたシリーズです。

今のところペンとセットで限定品として扱われているので、手に入れにくいのが難点ではありますが、別売のインクだけでも購入して透明なスケルトン万年筆に入れると目にも楽しく使用できるのではないかとおもいます。

はじめは不格好に思えてもそのうち好きになるやも…!?

実はわたしも、初めてスケルトンの万年筆を見た時は、なんでこんなのが人気なの?と思っていました。デザイン的にはスタイリッシュなのですが、中の構造が目に見えることの楽しさが分かっていなかったからです。

しかし、時の流れは恐ろしく、中のインクの動きが見えたり、吸入しているときの中の動きが見えるこの楽しさが、最近になってわかってくるようになったんです。

今はそんなの興味ないよ、というあなたも、そのうちよく思えてくるかもしれない…!?そんな魅力のあるスケルトン万年筆、あなたも一度もって見てはいかがですか?