鉛筆やボールペンで長時間書いていると疲れてしまう。そんな経験はありませんか?そのお悩み、実は万年筆なら解決できるかもしれません。

というのも、ボールペンや鉛筆はある程度の濃さを保って筆記しようとすると、一定の筆圧が必要なのですが、万年筆であればほとんど筆圧をかけることなく書くことができるんです。

ボールペンで長文を書くのに疲れてしまったので長時間筆記できる万年筆を探している方、今持っている万年筆は気に入っているけど、長く書いていると疲れてしまう!といったトラブルでお悩みのあなたに、長時間の筆記に耐える万年筆の選び方をご紹介します。

そもそも長時間筆記に必要な物って?

そもそも、長時間手書きでものを書くにあたって必要となるのどんなペンでしょうか。それは、できる限りストレスなく、無駄な力を入れることなく筆記できるような態勢が保てるペンだといえます。

長時間の筆記で受けるストレスとは、たとえば筆圧が高く握りこみすぎてしまってすぐ腱鞘炎のように腕が疲れてしまうといったことはないでしょうか。筆圧が弱くても、ペン先が引っ掛かってしまい、気になって集中力が切れてしまうことが挙げられます。

つまり、長時間筆記に必要なペンとは、自分の筆圧にあっていて、強く握り過ぎないペンであり、また自分の手に負担のない程度に重すぎず、軽すぎもしないペンだと言えます。

付け加えるなら、インクのでにムラがなく、ペン先がひっかからないペンの方が、よりストレスなく筆記できるはずですよね。どちらにせよ、自分の手にあった太さ、重さの、やわらかなペン先を持つものが一番良いということです。

せっかく万年筆を買うなら、そんなずっと書いていても疲れないペンを選びたいですよね。そうはいっても、なかなか自分にあった長時間の筆記に耐えるペンというのは見つからないものです。

自分に合うかわからないときはどう選べばいいの?

ペンの持ち方や筆圧、手の大きさがそれぞれで異なるように、絶対的に長い時間書き続けるために必要な「快適に書きやすいペン」というものは残念ながらあるとは断言できません。

とはいえ評判や傾向として、このような要件をすべて含む万年筆は、一般的に良い、といわれているものは存在します。

少し軸が太く大きめで、比較的軽い軸を持ち(たとえばレジン製の軸などが優秀です)、かつ金製のやわらかいペン先の万年筆が最も長期筆記に向いています。

特に「ふわふわとした書き心地」と口コミで言われるような軽い筆記感のものを探して試すとよいでしょう。

注意すべきなのは、たとえ評判が良い万年筆であっても、手の小さな女性には大きすぎて書きにくさを感じてしまうといったこともある点です。そのようなトラブルを避けるためにも、まず自分の手で持ってみて確かめることをお勧めします。

このように、長期筆記に必要な要素は一概には言えませんが、太く長く軽いペンにすると傾向としては長時間筆記に向いています。

とにかくすぐに長時間の筆記に耐える万年筆がほしい!という場合は上記の一般論に沿ったものをまず試してみることをお勧めします。